気密測定 定期報告【2019年 1回目】

エスケイハウジングでは技術力及びクオリティ維持のため、定期的に気密測定を行っております。

 

本日、2019年1回目の定期測定を行いました。

結果は 気密C値=0.27 でした。

「引き戸玄関があれば気密はガタ落ちになる」などと言われますが、測定した建物には引き戸玄関が2ヵ所あり、さらにもう1ヶ所玄関ドアまである、気密測定にはこの上なく不利な条件の建物ですが、安定したクオリティを出すことができました。

 

紀南地方でもっとも古くから高気密高断熱住宅を手掛けてきた弊社の強みは、こういった高水準な数値を安定的に出すことができる点です。

気密数値を語る場合、この「安定したクオリティ」が非常に重要なポイントとなります。1邸1邸の数値が安定しないようでは、お客様によっては「ハズレ」を引く可能性があるためです。

なお、数値性能だけが良くても「=体感性能も良い」という訳ではありませんので注意が必要です。数値性能と体感性能が比例していない建物はたくさん存在します。

むしろ数値性能は参考までと考え、実際に寒い日・暑い日の見学会に参加して「しっかり性能を体感できる」ことが大切です。

 

今後、定期的にまた報告をアップしていきたいと思います。

 

 


お問い合わせ