施工例 和歌山県上富田町M様邸

土地探しからお手伝いさせていただいたM様。夏の蒸し暑い日の完成見学会にお越しいただき、その快適性をお褒めいただいたことを記憶しております。

M様は家づくりにあたって自らしっかり勉強されており、「家は、後で変えられない部分(=構造・性能)を妥協してはいけない」という骨太な考えをお持ちでした。そういった部分で当社の考え方に共感いただきご依頼いただくことになりました。カントリーテイストな内外観を希望されていたので、当初は外壁材を窯業系サイディングもしくは塗り壁をご検討されていたのですが、耐久性を最重視してあえてガルバリウム鋼板を採用。デザイン面ではガルバの無骨さ、いわゆる「ガルバくささ」をなるべく感じさせずにご希望の外観が出せるよう、私も設計デザインには少し苦慮しました。

内観の特徴である「格子床」は、いわば「歩ける吹抜け」。1階リビングの上、2階のホールに位置しており、そこに室内干しができるようになっています。高気密/高断熱でしっかりと温湿度がコントロールできる基本性能をもったお家ではありますが、このように格子床を通じて大きな空間とつなげることでより乾きが良くなり、また冬場はその湿気が全館に拡散することで過乾燥を抑えることになります。さらに階段との位置関係(対流)を利用して冷暖房が全館に行き渡るよう設計しており、冬は1階リビングに設置されたエアコンを、夏は2階ホールに設置されたエアコンを稼働することで全館空調を可能にしています。お引渡し前のテスト運転では予想以上の好結果を生み、初冬に行なった見学会でそれをご体感された多くのお客様からも高評価をいただきました。

スペック上の住宅性能(UA値やC値)ばかりを重視する風潮が生まれてきていますが、大切なのはやはり実性能。エスケイハウジングではスペック至上主義ではなく、あくまで本質を見据えたお家づくりをご提案しています。

(コメント: 営業/設計担当 鈴木 基悦)


お問い合わせ