施工例 和歌山県田辺市 M様邸

ご自身で土地を決めた状態でご来社いただいたM様。

お越しいただいた時点で他社様でもプラン提案を受けておられたのですが、拝見すると、南東側にリビングが大きく張り出したL字型のお家となっていました。私にはこの敷地でわざわざお家をL字にするメリットが何一つ思い当たらず、むしろ冬場の朝は張り出した部分がリビングの窓に影を落とし、夏場の夕方は西日をくらう面が増えるなど、デメリットばかりに思えました。お家の無駄な凹凸はコストアップ、断熱性低下、耐震性低下・・・と、良いことは1つもありません。(デザイン的にあえてそれを望まれる場合はアリだと思いますが)

このお家は正面から見れば非常にすっきりした外観ですが、裏側(南面)は当社得意のウィンドキャッチデザインとなっており、リビングの窓の上に配置したバルコニーが夏場は深く影を落とすよう設計しています。なお、2階の部屋数が多かったため、法制限をクリアするために北側にもやや窓が多めのお家となっています。

(コメント: 営業/設計担当 鈴木 基悦)


お問い合わせ