4月度見学会の総括。

去る4月3日/4日は、田辺市上秋津において完成見学会を開催させていただきました。

 

今回も多くのご予約をいただき、予定枠を数枠増設しての見学会となりました。

今回の見学会で多かったご質問の1つが「エスケイさんは自由設計の注文住宅しかやってないんですか?規格住宅(※)ってどう思いますか?」というものでした。(規格住宅=間取りがあらかじめ決まっており、内外装のみを決まったパターンから選べる、商品住宅)

私の結論はシンプル。「家は絶対に自由設計の注文住宅であるべきです」、ズバリそれが答えです。上記質問をいただいたお客様全員にそう回答しました。

 

 

IMG_0645

たとえ同じ大きさ・形状で同じ方位に並ぶ分譲地であっても、その場所は地球上でそこにしかないたった1つの敷地です。つまり、隣家との位置関係や居室から見える景観、太陽の当たり方や風の通り方は敷地ごとに必ず違ってきます。

また、そこに住む家族の「欲しい生活」はまさに千差万別。「ウチは共働きで夜勤があるからランドリー室がほしい」「家に仕事を持ち帰ることも多いから快適なワークスペースがほしい」「人とは違ったちょっと個性的な外観にしたい」など、ご要望をお聞きすればいくらでも意見が出てくるものです。

事実、当社が2020年に販売した下三栖の5区画の分譲地ですが、5区画ともほぼ同じ大きさ、同じ方位です。しかし設計してみると間取りも外観内観も、まったく異なる5棟のお家となりました。あるお家には大きな吹抜けがあります。あるお家には2階にもサブリビングがあります。あるお家には1階にランドリー室があります。あるお家は外壁を塗り壁にしました。

このように、住む人が違えば違う家が建ってしかるべきなのです。間取りプランがあらかじめ決まっていて、好みのパターンをカタログから選ぶだけでは、「家の本質」を満たせるとは思えません。そのような思いから、当社では自由設計の注文住宅のみをご提案しており、規格住宅を販売する予定は一切ありません。

家は一生に一度の買い物です。一時の流行だけに目を奪われたり、深く検討しないままに決めることは絶対に避けましょう。

 

次の見学会は5月のGW明けを予定しております。

 

営業/設計担当 鈴木基悦

 

 

 


お問い合わせ